FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-03-06 (Wed)
先日、お世話になっている方が出演されていたカプセル兵団さんの『ダストシューターズ』を観てまいりました。
カプセル兵団さんは、以前観に行ったことのある友人から「面白かったよー!アクションがすごかった!」とオススメされたことのある劇団さん。
ちょっと期待をしつつ、ドキドキしながら観に行ったのですが・・・

ここまでパワフルな作品はひさびさに観た!

ひいき目だとかそういうのは抜きにして、面白かった!
ストーリーはちょっと力押しなところがあったんですが、それが気にならないというか、気になってる暇がない。それ以上に怒涛の展開や役者さん方のエネルギッシュな演技に、観ているこっちが飲みこまれてしまうんです。
ところどころ出演者や漫画(と思われる)のネタもあり、シリアスな中にも笑いがちりばめられていて、飽きさせません。
10年ぶりの再演だそうで、脚本などパワフルなのはそれもあったのかな。
演出・脚本の吉久さんのコメントにあるように、ハリウッド映画のように単純に楽しめる作品でした。

演出次第で、人は宇宙戦艦にもなれてしまう。
CGを使うことなく、体一つで触手になれたり、首を切られて再生する宇宙人にも表現できてしまう。
良い意味で、スケールが大きく、クオリティの高い、洗練された『ごっこ遊び』って感じでした。

DVDも出るようだけれど、やはりこの迫力は生で観てこそ、劇場で観てこそのものですね。
観に行くことが出来て良かったー!
スポンサーサイト
| 舞台・ミュ系 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。