FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-01-30 (Wed)
20日夜公演 千秋楽の前説&カテコレポ!

毎度のことですが、今回はかなり曖昧な箇所が多いです。それだけ濃くて、いろんなことやいろんな思いが駆け巡ったと思っていただければ・・・。
胸がいっぱいになっちゃったよ・・・



前説
『くの一』の人文字で登場のくの一ちゃん。
振り付け説明キャラは小平太!
ユキ『いけいけー!ドンドーン!滝夜叉丸捕まえたー!』

アンケートで『もし異性の忍たまキャラになれたら誰になりたい?』
トモミちゃんは利吉さん!かっこいいしフリーだし、モテそう(笑)
シゲちゃんはきり丸。小さい頃に忍たまで好きだったのがきり丸、土井先生、利吉さんだったら。
見事に初恋キラーに心奪われた幼少期だったんだね、美馬ちゃん。
ユキちゃんは悩んで悩んで仙蔵。
あの「完璧だっ」のシャラランッ☆がやりたい(笑)

滝夜叉丸は食堂のおばちゃん。
理由は「パワフルっしょ!」(笑)
仙蔵はリアルに仙子がやりたかった。
見てみたかった、南ちゃんの仙子!これ、前回公演の時もどっかで言ってなかったっけ?
長次?は山本シナ先生!
で、ここでタイムアウト。
忍ミュでも是非登場してほしいキャラばかりじゃないですか!
個人的に北石照代とか登場してほしいです。
アクションするくの一が見たいのですよー!


カテコ
セーフティーさん登場!
演出家の星さんも壇上に登場して、そこでミュージックCDの発表がありました!
やっとCD発売ー!嬉しい!
詳しいことはまだわからないんですが、BGMと歌、一緒に収録なのかな?ライブ音源なのか、新録なのかもわかりませんが、嬉しい!
できたら1~3弾のもおねがいします!

今回、久しぶりに出演者全員の挨拶があって感激・・・!
最初にドクタケチーム。
光さんは、毎回すごいミュージカルだと思う。で、ちょっと曖昧ですごめんなさい。
翁長さんは一言、ありがとうございました!
金田さんも曖昧で・・・ごめんなさい・・・。
伊藤さんは相変わらずの不思議雰囲気で、出れて良かったって。
遠藤さんは、「僕がイケイケ!ていうから皆さんトントーンていってね!」
人差し指も皆できっちり上げました(笑)
小笠原さんは、忍たまに出れて嬉しかったです!って満面の笑顔で。
この人ホントに良い笑顔するんですよね・・・。おひげ書いててお茶目だし。
中村さんは、「僕も一個だけやりたい事あって、『あ!』っていったら『イッケネ!』って言ってね」(笑)
ドクタケの皆も回りながらやってくれました!
豊さんは、「次はオーディション受けて仙蔵の役を射止めます!!」(笑)
南羽くんから「仙蔵は渡しません!阻止します」と言われちゃいました(笑)
幹山さんが言う前に締めようとしちゃう光さん(笑)
怒られて、改めて幹山さん。
「ドクタケ~好き好き~」と「忍たま~好き好き~!」をやって、締め!

先生方。真佐夫さんと今井さんが曖昧(>_<)
真佐夫さんは確か、「きっとみんなが楽しみにこの忍ミュを待ってくれてたと思う」って。
迫さんは、忍者はガッツじゃをみんなでやりました。
今井さんは、言いたいことをドクタケさんたちが言ってくれた、と話してた。

くの一ちゃん。智美ちゃんは、私ちゃんとトモミになれてましたか?って。泣いてました。
美馬ちゃんも初めてのシングルで頑張ったって。たくさん足を引っ張っちゃったけどって。
有希ちゃんは、新しいメンバーでいろいろなことがあったけど頑張りました。これからは新しいくの一をよろしくお願いします!と笑顔で。

一年生は、皆初めての舞台だったそうで、そうとは思えないしっかりぶりに、大人全員が驚いていました。可愛かった!

四年生。樋口くん、ちゃんとうざかったですか!ウザイと言われて嬉しかった。
布施くんが本編中から泣いていて・・・そればかり覚えてるんだ・・・。
「努力は報われる」って話してたと思う・
流司くん、この三人だからの四年生が出来た。この四年生が最高だと思ってる、って。
アッキーが流司くんが話す前に締めようとしちゃって、怒られた(笑)
布施くんがあまりに号泣で胸がいっぱいになっちゃったそうです。

ここで、確か再演決定とGロッソ凱旋発表!
みんなで手を繋いで、挨拶して、幕が降りた。
鳴り止まない拍手に、すぐに幕が上がって、立ってる六年。
そしてアッキーが一言。
「六年の挨拶忘れてた(笑)」
鯛ちゃん「なんてミスだ!」(笑)

鯛ちゃん、アッキーが楽屋で「よろしく!」って言ってたから「まかせろ!」って答えたら「心強い」って言われて、それはこっちのセリフだよ!って、涙ぐんじゃって・・・アッキーと抱き合ってた。

前内くん、「忍ミュっていう存在・作品が自分の中(人生かな)ででっかいお城みたいに築きあげられてて、こうやってここに立てるのも、キャスト・スタッフさんのおかげ。そして、アッキー・六年の皆が支えてくれた」
と、最後に鯛ちゃんの方を見て
「いつもそばで支えてくれた、伊作。ありがとう」
しっかりと抱き合う二人。そしてアッキーとも抱き合う。
お客さんの方に向き直り、
「皆には笑ってって言ったのに、自分はこんなに泣いててごめんなさい」
そんな前内くんのお尻に蹴りを入れる鯛ちゃん。このやり取りだけでも、特別な信頼感や絆が垣間見えました。
相棒、ってこういう関係を言うんでしょうね。

カズくん、このカンパニーがって後ろ振り返って誰もいなくてああ...ってみんながもうはけてるの忘れてちょっと照れくさそうにしてた。
アッキーが気持ちは分かるとフォロー。
やっぱり号泣でしたね、カズくん。

アッキーがずっと、ここに来たくても来られなかった人まで届くように、ってずっと言っていたのが印象にのこってる。みんな応援してくれる限り、忍たまは永久に不滅です!の言葉が本当になるように応援したい。
、再演もこのメンバーで出たいけど、もしかしたら無理かもしれない。それはまだわからないことだけど、この公演を観た人は、忘れないで欲しい。大切に心に残していて欲しいって言ってた。

シュートくん、最後もマイペースさんでした。縄鏢やり過ぎて肩がもう上がらなくなってるんですって。早く治りますように。
またあなたの長次が見たいです。

本当に申し訳ないことに南ちゃんがなんて言ったかわからなくなっちゃったんだ・・・
前内くんの号泣見たのは第二弾ぶりだったかもしれない。再演も、いて欲しいな...

最後の最後に、忍たまファイ!オー!ってみんなで言って本当の終わり。
終わっちゃったの寂し過ぎる。

本当に幸せな気持ちでいっぱいになれた千秋楽でした。
座席にもすごく恵まれましたし、いろんなキャストさんとハイタッチすることが出来ました♪
一年生の皆の手、小さくて可愛かった。
あまりに目の前で起こったことすぎて、記憶弾け飛んでるんだけど、長次がきり丸を目の前で抱き上げてた・・・。

毎回忍ミュを見るたびにしみじみ思う。あー大好きだな~って。
舞台って形で忍たまを見れるって幸せです。
願わくば、再演も今回のキャストのままでやってほしい。

再演はGロッソ凱旋!!
チケットは変わらず激戦になるでしょうけど、観に行きたい!絶対に観に行くぞ!




続きで千秋楽のアドリブまとめ。
ネタバレなのでご注意。
今回は例のごとく皆さん弾けてたので、書き漏れ多いと思います。ご容赦ください!


ドクタケ追い払い退散時
伊「行こう、仙蔵♪」
仙「おいで伊作...」(やたらいい声)
これ初日やってなかったかも?
だんだん二人の言い方が(仙蔵が)妖艶になっていったんです(笑)

自慢話したい滝夜叉丸
ロックオンの仕方が縄のパントマイムや鶏のようなパントマイム
そのあとの笑い転げ方が日を追う事に激しく。
千穐楽は、前説ネタの「パワフルっしょ!(コマネチ)」も挟む

三木登場
前楽からくるっと前転→拳銃構えるポーズ
余談だけど、下級生を困らせるなっから逃がす流れが大好きでした。

穴をほってた方がマシ
前楽は縦膝で。
千穐楽はスゴクいい声で。

鍛錬が足りない
小平太をおんぶさせられる滝夜叉丸。
そのあと、戦輪を取られておっかけっこ。
戦輪を客席にポイ。

伊作
「第4弾♪ありがとう♪」
ペコーってお辞儀する留三郎。
小平太「伊作ちゃーん、良いこというね!あ、でも鼻血には気をつけてね!」(アッキーは前楽のEDで鼻血出した)
伊「鼻血?!」
小「あ、頭から血が出てる!私が手当てしてやろう!!」

天狗になってる?
包帯の匂いを嗅いだ小平太がクサッ!と顔を背ける(笑)

仙蔵、顔をバンッと挟もうとした小平太の手をよけた!
ドヤ顔な仙蔵と、物言いたげに見つめながら拍手で退場する小平太。


誰が強いか
いつもは10数えるまでに撃てる!が7数えるまでに!とか、滝夜叉丸がアルファベット言い始めてそれは南蛮の言葉だろう!とかやり取りしてた日もあった


鍛錬に行く3人
仙蔵が腕立てする文次郎の上に乗ったりしてるときもあった。
初日は、どっこい庄左エ門とは言ってなかった。

正座しない達魔鬼
最後くらいちゃんとやれ!

上の方も頑張ってもらわないと困ります!なぁ!
『なぁ!!』
初めて皆が同意してくれた!
感激するドクタケ5。皆で円陣して回りながら『なーあ!なーあ!』
いつまでやってるんだ!

ロマンチックサムライ
お客さんに相手役をお願い!?
「お前、いつも俺の足引っ張ってばかりだよな。でも、その分俺がお前の手をひいてくからさ」
抱き締めようとすると
「どくろくさん!その女なによ!」
キャプ子(笑)
「違うんだ!おれにはおまえだけだ!」
「ほんとに?」
抱き合ってキス(笑)
はけるときも、早く行こうよどくろくさん!待てよキャプ子ー!

花を見つけて
ローズマリー!


イブちゃんの「踊ろうよ!」に「よしっ!踊るか!」
クルクル回されて「あー!」といいながら例の改造室?の中へ。
するとイブちゃん「アイツホントニオドッテヤンノ(笑)」
達魔鬼「自分が踊ろうっていったのにサイテーだな」

毎回ここのヒソヒソシーンで風鬼というか翁長さんによるカズくん(文次郎)イジリが酷かったですね(笑)
最後は光さんまでバシバシ叩いてて(笑)


膝が痛くて階段降りれなくなるドクタケ5
「転んじゃった。骨折れたー」
「大丈夫?!どこ?」
「全部。全身」
「大丈夫なのそれー!?」
なんてやってると、偽仙蔵が
「階段のぼれないー」
さらに偽文次郎も
「降りれない―!!」
「えーーー!!!」
「降ろして~」と「膝が痛いー」の合唱(笑)
ドクタケ3の面倒のみかたがお母さんの域に・・・。

食堂のおばちゃんが作った料理食べたいー!
そのあと、間違えておばちゃんにかぶりついちゃって変な汗かいた

落とし穴を見に行く綾部が「おやまあ」
物凄いいい声!バリトンボイス!イケメンボイス!!

偽者達の掛け声が日を追う事に、トントンやらキンキンやらパーペキだとか、メチャメチャになってました(笑)
金銀だったときもあった。

考える山田先生
のとき、偽者たちが組体操のピラミッドを!
しかもてっぺんが偽仙蔵...つまり豊さん
あれ本当にやってたのかな。ぽく見せてたのかな。

そういえば、長次が持ち帰った手ぬぐい。
初日は刺繍した名前をちゃんと見せてたのに、14日以降は客席に見せなくなりました。
たまたま?演出の変更かな。

ドクタケ3、毎回咳き込んでたのが千穐楽でちゃんと言えた!

ドクタケに潜入した小平太のサングラスがパーティ眼鏡?になってて(笑)
どこでそんなん仕込んだの(笑)

ショボンな学園長
学園長からむちゃぶりを毎回されていた土井先生。
山田先生からついに
「学園裏に来るように」
「...初呼び出し!」

ドクタケの作戦を探る3人。
小平太の八宝斎の間違い方がだんだん酷いことに(笑)
千穐楽は「八宝斎藤さん」
前楽は「斎藤さん」
文次郎からどんな間違え方だ!と怒られる(笑)

イケドンマーチ
走り去るドクタケ1を見送りながら「あいつ可愛いな」

穴が完成
達魔鬼がクルッと回転!アクロバットかっこよかったです光さん!

偽仙蔵(豊さん)の寝方がうつ伏せで顔だけ客席向けてて、仙蔵たち笑いがこらえられない(笑)
多分笑ってなかったの遠藤さんだけじゃないかな。
「お前に一つ問う」が吹き出しちゃっててダンスまでひきずってました。

穴を掘る綾部
自分から「早過ぎてゆっくりにみえるー!」


4年vs八宝斎
「4年生諸君、最後までよく頑張りました」
ここのシーン、幹山さんの言葉を聞いているみたいでこっそり好きでした。

綾部vsドクタケ2
2「段々タイミングがあってきたねー」
この後にもなにか言っていたんだけど、聞き取れなかった。残念!!

偽仙蔵が誰かに向かって「あ!(あさっての方向指さして)バァァカ!」逃げる
「あの太っちょ忍者ー!」

偽文次郎
「おっさんの実力見せてやるよ...!」
見せていただきたかったです!

鳴子が鳴った
伊「乱太郎、僕が初めて雑渡昆奈門さんに会ったとき、、、あれ!乱太郎ー!!」

八宝斎
「次こそは、夏こそは絶対に負けん!」
「半年後にまた会おう!!」

4年6年の歌の時、既に綾部役の布施くんが号泣。
その姿に第一弾再演の、近江くんを思い出しました。
布施くんもいい役者になっていくのでしょうね。

忍者はガッツ!のとき留三郎が伊作に犬のモノマネをしていて、それを見た長次に「違うんだ!」と必死に首を振る(笑)
何がしたかったの留三郎・・・(笑)

上手で仙蔵が綾部の髪の毛を梳かしてた?肌の手入れかな?
その後、綾部が仙蔵の髪の毛いじってたかな?
作法組は、なんかカワイイ絡み方をしてました。

スポンサーサイト
| ミュんたま | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。