FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-09-17 (Mon)
三連休中日だった昨日、友達と一緒に、N.I. プロデュース 劇団 FREE SIZE 第6回公演『この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ありません』(略してコノサク)昼夜公演を観に行ってきました!
・・・タイトル長いからコピペしちゃった(笑)

今回すっごく楽しみにしてたんです。
昨年観た『巌流島で待ってるね』も楽しかったですし、しかも今回はジャンルがサスペンスと聞いてそういうの大好きな私としてはこれを期待しない方が難しいというものでしょう。

すっごい面白かった!
これ観に行ったのが楽日でなかったら、周りの友達に「面白いから観に行きな!」って言いたかったくらい面白かった!
昼夜両方見たけど2回じゃ足りないくらい、何回だって観たかったです。

感想やレポなんだけど、どうしてもネタバレしちゃうからそういうの避けたい方は回れ右!









昼公演見て、その後夜公演見た時の感じ方が全く違いました。
全てを分かってから改めてみると、南羽くんのあの笑顔がすごく恐ろしい。

制作チームの想像(妄想)が劇中劇になってるのだけど、シリアスとコメディでキャストが違うことで後々の展開がすごく分かりやすい。
ラスト観ていて「想像だったはずなのに・・・」っていろんなことが繋がった瞬間、ぞっと背筋が凍る思いがしました。

ホント、何回でも観たかったなぁ・・・。

コメディのはじけ方がメーター降り切れてた(笑)
安定のハッシーさんは相変わらずだし、前回二毛作くんの母君役で輝いてらした松田さんは今回もなまりのある商魂たくましい奥様でさらに輝きを増しておりました。
そしてデコさんの完全無敵な出オチ(笑)
まさに全てを持っていく男(笑)

余談ですがアフタートークショーの時に南羽くんと高坂さんのネゴシエーターを見れてすごい得した気分!
キレッキレな動きの南羽くんと高坂さん、そして本家のデコさん。
DVDが発売されるのかどうかの話はされてなかったのですが、出たあかつきには、映像特典の一つに全員のネゴシエーターとネゴササイズを是非入れてほしい(笑)

すっごい笑った後だからこそ、あのオチは余計に恐ろしく感じたのかもしれない。
ホッとしたところにアレだもの。
どんでん返しにやられちゃった。あの終わり方で完全にハマっちゃった。

昼と夜で最後の手袋の演出が変わってたんですよ。
断然夜公演の方が怖くなってました・・・。
なんだろ、ラストの想像が現実だったことを確信させられたことと、目の前で、凍るような笑顔であの血塗れの手袋をはめる姿。
ぞっとするなんてレベルじゃない。
小道具一つでこんなに雰囲気変わるんだー・・・。

制作チームのメイン4人のやり取りが好きです。
後半に青木がやってきて5人になるけど、どちらかというとこの時にはシリアスとアドリブメインになってたから、印象としては4人のコミカルでテンポいいやり取りの方が残ってる。
ほのぼのしてるの、好き。
前説でも彼らの声が10分くらい前から流れてましたしね。
これもDVDになったら、入れてくれたら嬉しいなー。
あと地味に音声&カメラマンの2人が可愛いの。ニコニコしててね~♪
この2人は千秋楽のトークショーが一番可愛くて、なんか観てて温かいというか親が子を見守るような気分になっちゃった(笑)
あの会社すごい楽しそう・・・。
あんな上司の下で仕事したい・・・。恭子さんと市村さんみたいな人の下で働きたい。田村さん青木さんに仕事の相談したい。武里に関しては怖いことが起きなければ楽しい同僚だと思うの!

ちょっと感想のつもりがエライ長くなっちゃった。
全員分感想書きたいけどキリが無さすぎなので、忍ミュな方々だけ。

南羽くんがすっごいハマリ役でした。
彼の普段の優しい空気があるからこそ、今回の武里は強烈な印象に残りました。
最初はほわほわした感じにこっちも和んでいたのに、最後はその雰囲気が一番怖くなる。
笑顔、というか表情の変化が怖かった。
仙蔵以外の南羽くんはコノサクが初めてだったけど、彼ってこんな芝居もできたんだって驚きました。
個人的には、仙蔵の時よりも武里の時の南羽くんのほうが好きです。
好きとかそういう言い方とは違うんだろうけど。
南羽くんだったからこそのあの武里だった。武里の話をもっと観てみたいと思いました。
こういう役というか人物、私すごく好きなんだ~(笑)
怖そうで怖くない、やっぱ怖い南ちゃん(笑)

末野さん、悪い顔がすごく上手になってました(そこか)
ニヤッて笑った瞬間「うわっ悪い顔!」って(笑)
今回は現代劇だし、ストーリー的にアクションもないかなーと思ってたら、アクションあるわチンピラっぽいわ、しまいには階段落ちでフルコースありがとうございますな気分。
新しい髪型、とても良くお似合いでした。
あ、この人かっこいい人なんだって普通に思ってしまった。
後半に入ってからの登場だったからそんなに出番は多くないんだけど、そのぶんアドリブでエライ輝いてて・・・。
泳いで原宿行ったり、パイナップルが大きくなったり、もっこりだったりガクリッだったり、千秋楽では忍術学園にまで行ってしまいましたね(笑)
ヒマワリマン・・・(笑)
舞台上の末野さんを観れたのは久々で、それも嬉しかったー。
何でか安心してしまった。
とりあえず体鍛えすぎてて、シャツが(特に胸もとあたりが)ピッチピチでございました。
猫パンチは台本通りらしいですがあの「に゛ゃーーー!」には腹筋壊れるかと思った!
ブロマイド、可愛かったです(笑)

初っ端からドキドキしたのは中村さん。
始まってすぐで何がどうなってるのかわからないとこであの仮説の殺人事件シーンでしょ。
登場の仕方が怖いわ、恭子さんとのやり取りが落ち着き過ぎてゾッとするわ・・・。
あのままいっそ市村さんというか中村さんが犯人の話も観てみたかったなー、なんて。
中村さんのお芝居見てると、もうなんか説明できないけどこの人は役者さんなんだなって、格好良いな~と思ってしまうのですよ。
笑顔にホッとしますしね。超癒し系。
トークショーのときも衣装が濡れたままの状態で出てらしたんですけど、寒くなかったのかずっと気になって仕方なかったです。
初めて観た回ではタイトル噛まずに言えたのに、千秋楽ではタイトルどころか劇団名から噛んだ中村さんはやっぱり可愛い系の大人だと思いました。

トークショーでのお話もちょっとだけ。

お水ガバガバのシーンはゲホってならないコツがあるんだそう(擬音が多い)。
喉を開きっぱなしにしないで閉める、みたいなはなしだったかな。
だからむせてしまったのは1回くらいだったそう。
たまに鼻や耳に入っちゃったりもした、って仰ってました。
でも南ちゃんは優しいから、最初は半分くらいかけて残りは手で隠してソファの影に置いてくれたりしたんだって。
あとは演出家のいよくさんから「もっと雑にかけて!」って言われて、どんどんかけ方が雑になっていったとか。
頭つかむシーンも最初は南ちゃんもそっと掴んでたけど、だんだんワシッって強く掴んでくるようになったんだそうです。

田村さんのデコピン、当たってるようで当たってない感じにしてくれてるんですって。
稽古の時には当ててたそうなんですが、しばらくしたら南ちゃんの額が赤くなっちゃった(笑)
「何で赤いのかな~?」って不思議に思ってて「あ、デコピンか!」(笑)
南ちゃんが別作品に出演してて稽古に参加できていないときは、副島さんが代役をされていたんですって。でもいざ本人がやったのを見たら「僕がやるのと全然違うし、なんか可愛い」なんて思ったんだそう。

南ちゃんのスニーカーはボロボロでなんとか穴を塞ぎながら千秋楽まで保たせたそうで、裏からみょうじょうテープや絆創膏貼り付けてたんですって(笑)
「君は何にでも絆創膏貼るんだな」というツッコミ(笑)


「タイトルをもし改めて付けるとしたら?」って質問が会場からあったんですが、悩んだ末に南ちゃんが「あなただったらどうつけますか?」と質問を質問で返しまして(笑)
「ネタバレはしたくないよね」「横文字とかどう?」とか、散々皆で考えて出てきたのが『ネゴシエーター』(笑)

あと、彩夏ちゃんが天然っ子だというのがよくわかりました。プリンセス!
9月が誕生日の高坂さんと大久保さんのサプライズでケーキが出てきたのですが、劇場の関係で火が使えないため、皆で炎のふりをして消してもらう、なんてこともやったり(笑)

物販の宣伝でTシャツのサイズ説明してた時に末野さんが「僕はSですよ!あ、性癖の話をしてしまった(笑)」なんて相変わらずの発言をかましまして、中村さんがorz状態に膝から崩れ落ちるなんて場面も・・・

末野さんの階段落ちのギャラというか治療費?は飲み会3回分だそう(笑)
「意外に安い」といった中村さんに「でも1回が1万円超える」と返す末野さん(笑)高い(笑)
それを聞いて中村さん「家飲みですませられないかなー」(笑)
とりあえず飲み会はしたいんですね。

千秋楽のトークショーを劇中のカメラ&音声コンビが撮影してたんですが、これはDVDも発売されて、映像特典につくってことなんですか・・・?
そいえば、音声の後田くんがマイク持つの疲れちゃったのを見て、末野さんがマイク持ち方指導してましたっけ。中村さんが「何持っても格好良い」って笑ってた。
皆さん本当に仲が良くて終始楽しい雰囲気が漂っていました。

ホント、これだけ書いても書ききれてないとかどんだけ・・・(笑)

でもねー、本当にねー、楽しくて面白くてハマッてしまったのです。
ホント、DVD出して下さい。
他の回ではわかりませんが、私が観た限りではDVD化について特に言及されなかったので。
これDVDでないと私、耐え切れなさ過ぎていろんなモノがはじけ飛ぶ。

まだ詳細は決まってないということですが、来年の9月頃にまたFREESIZEさんの公演もあるそうなので、今から楽しみに待っていようと思います。
今までの再演とかいつかしてくれないかなー。過去の作品も観てみたい。
あと動画も。
またエクエクも再開すればいいのにねー、なんて呟いてみたり。

昨日は観劇以外にも、久しぶりな人とお話したり、お買い物したり、飲み会したり、最初から最後までフルスロットルで楽しくて幸せな一日でした。
ホント、ホラーと言われてもいいからこの日を永遠に繰り返したい!!

とにかく今はDVD化されることを切に願いながら、明日を元気に過ごしていくぞー。
スポンサーサイト
| 舞台・ミュ系 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。