FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-04-18 (Wed)
お久しぶりです。
気がつけば1つ歳を重ねていた、春の日…。
よろよろと産まれたての子鹿のように、階段を一段一段上るように、毎日を進んでいければと思います。

さてさて、観に行ってかなり経っちゃってますが、ご容赦くだされ。
こっちのブログにも上げておくの忘れてた・・・。
HYBRID PROJECT Vol.7『ウォルター・ミティにさよなら』を観に行ってきました。

o0480085411836061521.jpg
o0480085411836062578.jpg
o0480085411836063778.jpg
o0480085411836064917.jpg

写真は公演ポスターと、ストーリー別の『なんちゃってポスター』。
劇場の外…というか廊下に貼られていて、なんだか映画館みたい。


ラブストーリー・刑事・ヒーロー、それぞれ別だったはずの話がいつの間にか絡み合い、気がつくと一つの物語になってしまう、という面白可笑しすぎるコメディ作品。

高橋いさをさんの名前は存じていたんですが、(学生さんの卒業公演だったりでよく見かけてた覚えが…)意識してその作品を観たことはありませんでした。
ただ有名な方なので、なんとな~く堅い作品のイメージがあったのです。
しかし今回の作品を見て、吹き飛んだ。
すっごい展開だけどすっごい面白い!

ウォルターミティの脚本は公開されていて、高橋いさをさんが代表を務める劇団HPで読むことができました。
興味のある方・観たかったけど観れなかったという方は、一度行ってみてはいかがでしょう。
DVD収録がないとの事だったので、私もHPから脚本を拝見してきました~。
文章だけでも面白いっ♪

個人的に衝撃だったのは、登場人物が物語内の人物であると認識してること。
このブログ読んでる人にわかりやすく言うと、落乱のキャラクターたちが「自分たちは漫画の登場人物である」と認識してる、のと一緒です。
舞台でもこういうのありなんだ…。ビックリしたけど逆に引きこまれちゃって、あとはもうこの作品から抜け出せない。
テンポがジェットコースターみたいで息つく暇もないくらい。
でもそれが作品の世界にグイグイ引き込んでくる。

いわゆるオノマトペをセリフとして言ってしまうというのも面白かった。
セットもすごくシンプルで、パントマイムや照明を巧みに使い、観てる人の想像力を掻き立てる演出がすっごく良かったです。
ライトでチューブの中に拘束されてるのを表現してるシーンが一番印象に残りました。


ヒーロー物語の主役である大介ことスーパーマンタ(齋藤ヤスカくん)が登場早々ものすごいセリフ量!
この作品は全体的にセリフ量ハンパないんですが、大介は群を抜いて凄かったと思います。
セリフ間違えて「妹」を「弟」と言っちゃったりしてたけど(笑)
レイ子役のれのんさんが素でツッコんでた(笑)
ヒーロー組が一番ハプニングあった印象があるんですが、周りが面白おかしくツッコんでて一番楽しくやり取りが見れたと感じました。
大体スーパーマンタが噛むか、ヘルナイトのアドリブがスゴイかなんだよね(笑)

ヘルナイトの寿里さんがアドリブになると素晴らしくフリーダム(笑)
寿里さんのことは舞台版ふしぎ遊戯の心宿役で初めて知ったので、私の中で役とご本人とのギャップが凄まじすぎる(笑)
逆に寿里さんの素を知ってしまった今、次にふしぎ遊戯観に行った時が大変に心配です(笑)
沼田役の佐藤圭祐さんとのやり取りも、悪の帝王なのに寂しがり屋というギャップが際立ってて面白かった。
佐藤さんて観に行ってる舞台でちょくちょくお見かけしてるんですが、わるそ~な役だけどどっか憎めない感じがすごくほっとする役者さんです。
ドクタケで「ちょっと太ってる方」って自己紹介されたのがすごく印象深い(笑)

石部さん扮する桂木。渋くてお茶目で、そして何故か部下と妖しい雰囲気(笑)
どうしてそうなるの(笑)しかし楽しい。
この方も面白い方ですね。今回をきっかけに意識した俳優さんだったので、他の舞台も観てみたい☆

末野さんはしょっぱなの自転車のパントマイムがインパクト大きすぎました。
そこかよ!って言われるかもだけど。
音楽に合わせて脚上げてるだけ、といえばそれまでだけど、アレやるとすっごいしんどいですよ。
裕子さんと出会ってからの山崎がずーっとニコニコ笑顔で可愛かった~。
出会って、再会して、デートして、本当に幸せそうな組ですね、ラブストーリー組。
何の力もないサラリーマンだけど、一人の女性を守るために奮闘する姿。
しびれるねぇ。

林くんの着メロ(鼻歌)が勇気100%で「ファンサービスです」って言い切っちゃった(笑)
桂木との1万円やエイリアンのやり取り、ビックビク!オドオド!でもやんちゃ!でまだまだ駆け出しな刑事役すごく良かった~。桂木役の石部さんと息ぴったり。
舞台だと、元気いっぱい小平太な林くん・駆け出し刑事な林くんといろんな姿が見られて嬉しいですね~。これぞ醍醐味!

本当になんでDVDにならないの!ってくらい楽しい作品でした。
1回だけじゃなくもっともっと観たかった…。
このメンバーや演出で再演…ってのは難しいのかな…。
スポンサーサイト
| 舞台・ミュ系 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。