FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-07-03 (Sun)
『ミュージカル忍たま乱太郎 第二弾再演』の初日に行ってきました~!

始まったばかりなのでネタバレは隠しますけど、前回に比べていろいろ変わっていたところが多くなり、見終わった後、楽しかったという気持ちのほうが強く残っていました。
正直言って前回よりも今回の方が良いと思います。
うまい言い方が見つからないけれど、ずいぶん磨かれているというか、削って足して、バランスが良くなっていたというのかな。
テンポも良くなっていたと思う。

曲は同じだけど歌詞が変更になっていたり、アレンジが入ってテンポが早くなっていたり。
全く新しい曲もありましたし。
脚本も、流れは変わらないけど、ちょっといじられてました。
前にはなかったシーンもチラホラ。
アクションシーンも結構変わっていましたね♪

伊作・小平太・土井先生の新メンバー3人、良かった♪
伊作は今までの中で一番アクションが格好良かった。伊作としての優しさも強さも持ち合わせてる。
小平太は、今までの桑野くんが可愛さもあったとするならば、林くんの小平太はやんちゃというか暴れん坊さが増していたって感じかな。ワイルドな小平太になっていました。
土井先生は、他の舞台で見ていた矢吹さんがコミカル系の声が高い役が多かったので、どんな土井先生になるかと思っていたら、今までの森本半助をいい塩梅で引き継いでいた感じでした。
声も意識して低めにしていたのかな?

もちろん前回からのキャストさんも、安心の安定感。むしろパワーアップしてた。
乱太郎・きり丸・しんべヱの愛らしさ半端ないし、
くノ一ちゃんズは可愛いし華やかだし、
ドクタケの皆さんもアクション半端ないし面白いし、
先生方、利吉さんの格好良さ無限大だし、
5年生組はいろいろと上達しているのが分かったし、
6年生は、メンバーが変わったことがいい方向に影響してたように見えました。


今回のミュんたまが終わった後には、どんな思いを抱く自分が残るのかな。
明日からまた、楽しみです。




続きで前説とカテコの話。
その下でネタばれしますので、ご注意を。






前説はドクタケアンサンブルの中村さん・村岡さん・宇田さん・佐藤さんの4人でした。

「お頭~!」と皆で言いながら出てきて、客席を見て「い、いっぱい入ってる・・・!」
4人並んで挨拶しようとするも、「こんにちは~」と「こんばんは~」が混ざる(笑)
なんだかホッとしますね、このグダグダ感!
改めて挨拶し直した後、「ドクタケに入りたい人~!」。結構上がる手。
「ドクタケに入るのは簡単じゃないんですよ~」
「こういうのができないと」
と、そのなかでスタンバイする村岡さん。
これは村岡さんの華麗なアクロバットが見れる?!と思ったら、こけた(わざと)
お客さん不満(笑)
その後、4人でダチョウ倶楽部みたいにして「ドクタケ~♪」とやった後、諸注意があって、4人組は退場。

と、1人で登場したのは曇鬼役の豊さん!
「あ~、間に合わなかった~!カテコ終わっちゃったよ~」(笑)
自己紹介の後、「前回の観に来た人~」 たくさん上がる手!
「今回はじめてって人~」 バラバラと上がる手。
「初めての方は、ボクの体脂肪が40%だってことを覚えておいてもらえれば」(笑)
そしてサングラスをかけ直し、曇鬼に戻って袖に戻っていったのでした。

くノ一ちゃんズが出てくると思っていたのでちょっと驚き。
今回からドクタケーズが前説なのかな?
それはそれで大変に楽しみです!



・カテコ

カテコの山口くん、つねにカミカミで(笑)
今日は尼子先生がいらしていました。
楽しかったです、という感想のあとに座長山口くんの話になり、
「山口文次郎はアクションも出来て歌もうまくて・・・でも一つ足りない物があります。それはフリートークです(笑)」
本人含めて皆で爆笑。

前回千秋楽後、尼子先生が遠藤さんのサインを貰いにいった時、その手に血がにじんでいて驚いたとか。
Gロッソってザラザラしてるんですって。
多分滑り止めでだと思うんですが、満身創痍になりながらコミカルな演技をするドクタケに感動したそうです。

実写版映画は、ミュんたまがこけた場合実現しなかったとか・・・。
ミュんたまの再現度が高く評判が良かったから、実写版も制作が決まったそうなんです。
第1弾初演を思い出すと、本当に楽しかった~面白かった~と、今でも思います。
あのとき観に行って良かった。
誘ってくれた柳には本当に感謝です。

矢吹さんには「女装は今回初めてですか?」と質問。
「これまでも何度か・・・」とちょっと照れくさそうにしていた矢吹さん。
「足が綺麗ですね~♪」と先生が言うと
「剃ってますから!」と元気なお返事が(笑)

尼子先生が、『末野利吉が女の子を泣かせている現場を目撃した』と爆弾発言!
すえのさん顔が(○_○;)?!ってなってました(笑)
事の真相は、前回の物販で末野さんが飛び入り販売をした直後の出来事で、泣いてる子に
「どうしたの?」
と尼子先生が聞いたら、『初恋が利吉さんだった』という答えが返ってきたんだとか。
『二次元の存在だった人が、今、三次元で存在してるんです…!』と、また涙をにじませた女の子。
そりゃその子にとっては感激ものだよね~と思っていたら、尼子先生、
「利吉は女の子を泣かせました!」と、きっぱり断言(笑)
容赦無いですね(笑)

尼子先生の挨拶が済んだ後、山口くんの締めの挨拶があり、皆で歌う勇気100%。
が、山口くん、「勇気パ・・・」 とカミカミ(笑)
パ?と皆から総ツッコミでした。

一度幕が閉まってからも拍手が鳴り止まず、ちょっとしたらまた幕が開いて出てきてくれたのですが、
「出てきたのはいいですが・・・何も考えておりません!」
ズラッと皆で並びながら、困ってる山口君。
「忍者にとって大切なのは!」と、矢吹土井先生から突然振られて
「・・・お客様です!」

そして、感謝の言葉を述べて、また幕はしまったのでした。



・ネタバレ







OK?







OPに5・6年生が登場しなくなりました。
その代わり土井先生・山田先生・学園長が登場。でも歌ってなかった?
新土井先生のお披露目を兼ねてるのかな~って思いました。

金ピカ忍者の件が短めに。乱太郎としんべヱの話がカット。

観音がくれの術で布を乱太郎が使うようになっていました。今回小道具がちょこちょこ増えてます。

今回も黒板ネタがありました。
初日は『ようこそ』
去り際の学園長
「ようこそ、ってどんな授業をしてたんじゃ?」
土井先生「これから~ってことで♪」

教室の戸を足でぶち倒して登場する文次郎は、まさに文次郎でした(笑)
抱えているソロバンを黒板に立てかけて、巻物はぶら下げて(笑)
は組の教室がそれによって予算会議の場に一気に変わるんですよね。

留三郎との犬猿のやり取りがラップになってて、より激しさが強調されてましたね。
ケマトメアタックとギンギンレシーブの応酬が、おバカっぽくて良いです(笑)

予算会議の歌は各委員会ほとんど変わっていたけど、前山町次の歌が本当に上手い!
山口君といい勝負!

文次郎がピーターパンになった(笑)

そして、文次郎・小平太・土井先生が戸をぶち倒すたび、留三郎としんべヱが直しに行くという(笑)
土井先生の時は留三郎と先生で直したんだっけかな?

利吉さんがL列付近から降りてきて、「1月、好評だったんですから」(笑)

甘味屋でのドクタケのひそひそ話が、何を企んでるのかはこの段階では分からないように変更になってました。
こっちのほうが断然いいと思う。
前回はここですでに『暗殺計画』ってバラしちゃってたから、このあとのパフェから密書を見つけた時も、学園で戦う時も『観客は何をドクタケが企んでるのか分かってるのに、登場人物たちは分からずに必死で探ろうとしてる』状態だったから、面白くないな~って思ってたんです。

それにしてもキャプテン達魔鬼にひざまくらしてもらってる風鬼って・・・!(笑)

ロマンチック曇鬼は今回も健在!嬉しい!
『あ~、遅いよ!何分待ったと思ってんの?10分だよ?おれだって忙しい合間縫って来てるんだからさ!なのになんで遅刻とかしてくるの?!10分もありゃいろんなこと考えられるんだよ?・・・10分間、お前のことしか考えられなかったよ!』

そして「相変わらず太ってなきゃな~」(笑)

ドクタケに見つからないように隠れるときの5・6年がおかしかった(笑)
犬猿はなにかのモニュメントですか?その他は木のつもりですか?5年はなんで体育座りだ(笑)


女装三人に羽のもふもふが追加!どんだけ綺麗になっていくの(笑)
きり丸の「お母ちゃん!」が無くなってほんとうに残念!
「利吉じゃなくて利子よ♪」「・・・」「無視かよ!」 しんべヱ(笑)

利吉さんとの空中戦の相手が風鬼からキャプテン達魔鬼になっていたのは、個人的にちょっと残念でした。
前回はW赤壁ーって喜んだので。

伊作の戦わない理由をここできちんと説明しておくのは後々の伏線として、分かりやすくなったかなと思います。

文次郎が謎のドリンク飲んでたり、小平太が宝禄火矢に動けと言っていたり奈落堕ちした後に爆発してたり、伊作とのやり取りが分かりやすくなっていたり、高野豆腐が具現化したり、ここも結構変わっていましたね~。

カゴメカゴメで伊作を助けだす5・6年生(笑)

死んだふりをした風鬼が5・6年生にかける術も、前回はなんだかよく分からないものだったけど、今回から『怒車の術』『喜車の術』とちゃんとした忍術になっていましたね。
これも前回引っかかっていたところだったので、今回ちゃんとした忍術になってくれて良かったとおもいました。

ギーンギーンって泣く小さい文次郎(笑)
それにしても、このい組のシーンは今回から突然入りましたけどなんのためのシーンなのかな?
後ろの幕が閉まったから、てっきりなにか大掛かりな仕掛けを設置するための時間稼ぎかと思ったんですが違いましたし。
いまいちよく分からないシーンですね~。



大きく変わってたところでっていうのはこんな感じ?
アドリブが少ないから、今回はチェックは楽になりそう。良かった(笑)
スポンサーサイト
| ミュんたま | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。